大分の由布院で20代女性の満喫一人旅!食べ歩きやお土産も!

皆さんこんにちは!

今回の記事では由布院の旅行についてお伝えしていきます!

由布院は古さと新しさが混在しているところですよね

ぜひ行ったときに立ち寄ってみたい所、美味しいものなどまとめてみたのでご参考になれば幸いです。

それではごゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

由布院といえば、食べ歩き!

まずは由布院名物の金賞コロッケをいただきましょう。休日に行くと結局行列になっています。

おススメのお店は、milch(読み方はミルヒ)というチーズケーキ屋さんです。

お店の見た目も可愛い♡イートインスペースがあり、出来たてのチーズケーキを座ってゆっくり食べることもできます。

milchはドイツ語で牛乳という意味で、ドイツ風のケーゼクーヘン、つまりチーズケーキがある牛乳のお店、ということでしょうか。

牛乳のお店ということもあり、チーズケーキの他にも濃厚なお味のソフトクリームやプリンなども置いています。

 

milchのチーズケーキはひと口サイズで、価格もひとつ120円と手頃です。

ケーキは冷たいものか温かいものかを選ぶことができ、同じケーキなのに温度によって変わる食感を楽しむのもアリ。

由布院は食べ歩きできるスイーツが本当に多いので、ちょうどいいサイズです。

 

由布院の映えスポット金鱗湖

グルメスポットばかり紹介してしまっているので、綺麗な景色もご紹介いたします。

由布院が誇るインスタ映えスポット、金鱗湖です。

金鱗湖にはたくさんの観光客の方がいらっしゃいます。

特に、地理的な関係から韓国からの訪日観光客がとても多く、金鱗湖では自撮りに勤しむ韓国人の方々が見受けられます。

また運が良ければ、早朝、特に寒い日は霧が立ち込め、霧の中の金鱗湖という幻想的な風景を楽しむことができるかもしれません。

隠れた名店で地元民が愛するお菓子をいただく

金鱗湖近くでおススメのグルメは、かりんとう饅頭のお店今泉堂さん。

由布院でお店が多く並んでいるエリアは、由布院駅からまっすぐ伸びる道にある箱で買うようなお土産屋やさんエリアと、由布見通りの食べ歩きたくさんでき、エリアに分かれています。

今泉堂さんは、そんなエリアからは少し離れていて、予め情報を持ってマップで見ていてもたどり着けないくらいひっそりした場所にあります。

ひと口サイズの丸くて可愛い見た目。

 

このお店、なんと試食でまるごと1つ食べることができます。

そしてひとたび口に入れると、その可愛らしい見た目とは裏腹にしっかりとしたカリッと具合。

中のあんこはこしあんで、優しいお味…。

これは!!ロールキャベツ男子かと思いきややっぱり優しいお人好し男子!って感じのお菓子です。

スポンサーリンク

お土産を買う穴場スポット、スーパーマーケット

湯の坪街道のお店がたくさん並んでいるエリアから少し歩いたところに、エーコープというスーパーがあります。

ここには、九州産の地物がたくさん!お土産も結構揃っています。

九州ローカルのジュースやお菓子など、お土産屋さんでは買うことのできない地元の人が愛するものをお土産にするのも面白いですよ。

 

スーパーで現地の人の食生活を体感するのも旅の楽しみの1つです。

オススメは、九州を牛耳っているパンメーカーリョーユーパンのマンハッタン!九州地方出身の友達に聞くと全国区じゃないの?!と言うくらい、九州地方ではメジャーなんです。

サクサクとカリカリの中間のような食感の生地のドーナツにチョコレートがかかっています。

 

もう1つは、ヨーグルッペです。乳酸菌飲料なのですが、甘過ぎず、スッキリしています。

宮崎出身の友達は、ヤクルトよりもヨーグルッペを飲んでいた、というくらい馴染みがあるみたいです。

落ち着いた旅館でゆっくりかけ流しの温泉に浸かる

由布院は大規模なホテルというよりはむしろ、こじんまりした旅館が多いです。

金鱗湖周辺にも落ち着いた宿が多くあるので、宿で温泉を楽しんだ翌朝は早めに起きて朝食前に霧の中の金鱗湖を見に行くのも良いと思います。

まとめ

由布院は、古くからある旅館もあれば、最新のトレンドを取り入れたスイーツ店もあり、古さと新しさが混在している観光地です。

以前に訪れたことがあってもその時とは少し違う街並みになっているかもしれません。次に来たときはどこが変わっているのか、探してみるのも楽しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です