高橋怜子の学歴や経歴を調査したwiki風プロフィール!家族や子供は?

 

皆さんこんにちは!

今回の記事ではセブンルールに出演した

高橋怜子さんについてお伝えしていきます。

 

髙橋怜子さんは水中写真家として活躍しています。

水中写真家なので海の写真がとても

ダイナミックに映されています!

距離も至近距離からの撮影なので、すごいの一言です!

ぜひ気になる方は見てみてください!

今回の記事では髙橋怜子さんの経歴や学歴などについて

まとめてみましたので、お伝えしていきます。

それではごゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

水中写真家・髙橋怜子のプロフィール!

髙橋怜子さんのプロフィールについてお伝えしていきます。

 

名前:髙橋怜子

ニックネーム:アリス

出身:岩手県大船渡市

年齢:40歳くらい

SNS:Instagram

 

水中写真家・髙橋怜子の学歴は?

水中写真家・髙橋怜子さんの学歴について

お伝えしていきます。

水中写真家・髙橋怜子さんは岩手県大船渡高校に

進学しました。

大船渡は海の近くということもあり、

幼少期から大船渡で育ってきたので、

海に興味があったんだと思います。

 

その後、国立山形大学の化学科に進学しました。

てっきり海洋生物の研究などをされてたかと

思いましたが違ったようですね。

ということで水中写真家・髙橋玲子さんの

学歴をまとめてみると

 

高校:大船渡高校

大学:山形大学

 

水中写真家・髙橋怜子の経歴は?

水中写真家・髙橋怜子さんの経歴について

お伝えしていきます。

 

高橋怜子さんは岩手東芝エレクトロニクスで

20年間エンジニアとして活躍していました。

20年間ということで年齢も40代くらいかと思われます。

 

現在は水中写真家として活躍されています。

高橋怜子さんが水中花写真家になったきっかけは

親友を失ってしまったこととスティーブ・ジョブズのスピーチです。

「今日が人生最後の日だとしたら、今日やるつもりのことをやりたいだろうか?

答えがノーという日が何日も続けば何かを変える必要がある」

という言葉に感化されたようですね。

スポンサーリンク

水中写真家・髙橋玲子の家族は?

高橋怜子さんの家族について調べてみました。

 

高橋怜子さんのご家族の情報はありませんでした。

情報が入り次第お伝えしていきます。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

水中写真家・高橋怜子さんについて

お伝えしていきました。

人生最後の日だとしたら今日やりたいことだろうか?

という問いに対して高橋怜子さんは

しっかり行動しましたね。

こういう方の生き方を見るというのも

何かきっかけをつかむことに繋がると思うと

面白いですよね!

今後のセブンルールに出演する方なども

お伝えしていきます。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です