台風発生の仕組みって何?影響が出る作物や危ない風速について!

皆さんこんにちは!

最近、台風のニュースが多くなってきましたね。

沖縄などいつも台風が通っているイメージなのでニュースで見ていると大変そうですよね。

暑くなったり、台風の影響で過ごしやすい気温になったり、体調管理が難しいところですがエアコンの付け過ぎはよくないので服装などに気を使いながら過ごしていきましょう。

 

今回の記事では、台風の発生の仕組みや風速などの影響についてお伝えしていきたいと思います。

それではごゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

 

台風発生の仕組み

ニュースを見ると天気予報の時に台風のことについてニュースキャスターが話すと

「もうそんな季節か~」

ってなりますよね(笑)

実際そこで台風が来るのはわかってもどういう気候で台風が出やすくなっているのか、確か学校で習ったことあるような、ないような気がする方がいると思うので、好奇心旺盛なお子さんが聞いてきたときに、しっかり答えられるように知識として知っておきましょう。

まず、台風というのは赤道に近い熱帯地方で発生した低気圧のことです。

なぜ熱帯地域から発生するかというと、水蒸気ができやすく雲が大きくなり渦巻き状になった雲の風の強さが「17m/s」になったら台風となるようですね。

 

そして台風は水蒸気を多く含み、水蒸気が冷えるときに発する熱によって台風が発達していくようです。

なので台風のエネルギー源は水蒸気ということになりますね。

だから日本に上陸すると水蒸気がないので台風が弱くなっていくんですね。

また気圧が下がることで台風はますます発達していくので、天気予報など見る際は意識してみるようにしてください。

台風の進路なんですが、台風は自分で動くことはなく風に流されながら動きますが、地球の自転の影響により北に向かうようになっているようです。

スポンサーリンク

影響の出る作物

台風によって食物が高騰してしまうときがあると思いますが、主にどのようなものが影響しやすいのか調べてみました。

キャベツ

白菜

ニラ

小松菜

ホウレン草

ねぎ

きゅうりなど

10月ごろに出荷がメインになる作物が台風などの影響で成長の遅れなどの問題が起こりやすくなっています。

また、台風によって雨による浸水被害で出荷できなくなったり、大雨の影響で作業が遅れたり、設備の不具合などがあり修復のため遅れるなどの影響があるようです。

なので、野菜が高騰する原因になっています。

風速がどのくらいになると危ない?

台風とニュースで流れたら外出は控えめにしましょう。

外出することで、危険性が増し傘も満足にさすことができず壊れた拍子に凶器になってしまう可能性もありますし、物が飛んでくる風の影響で物をよけることも難しくなり、当たってしまうとケガをする原因になるので、外出は控えめにしましょう。

台風が通り過ぎれば天気も良くなる傾向があるので、台風が通り過ぎるまで我慢しておきましょう。

まとめ

ここまで見て頂いてありがとうございます。

台風についてお伝えしてきましたが、地理的な問題もあり仕方がない部分ではありますが、天候などは先人たちの知恵によって家の作りなど工夫されていることってすごいですよね!

地域によって天候の対策として家の作りも違うので旅行の時などに、その地域の工夫を知っておくだけでも旅行を楽しめることに繋がるかもしれませんね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です