サッカー日本対カタール戦の審判は誰?買収の可能性は?

皆さんこんにちは!

今回の記事では日本対カタール戦での審判買収の可能性についてお伝えしていきます。

今回のカタール戦では理不尽な判定が多く、SNS上でもカタール戦の審判について

波紋が広がっています。

それでは買収の可能性などお伝えしていきます。

それではごゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

サッカー日本対カタール戦の審判は誰?買収の可能性は?

結論:審判買収の可能性はかなり高いと思います。

Muhammad Taqi Aljaafari Bin Jahari(ムハンマド タキー アルジャアファリー・ビン・ジャハリ)というシンガポール出身のサッカー審判員

審判買収の可能性は?

審判買収の可能性についてお伝えしていきます。

まず、ネット上で挙がっている審判の判定に不満を持っているプレーについてお伝えします。

一つ目は田中選手に対して理不尽ともとれるレッドカード

VAR(ビデオ アシスタント レフェリー)でのビデオ判定の結果審判はレッドカードを提示し、田中選手は一発退場

これについてネット上では審判に対し怒りの声が続出しています。

また後半にはペナルティエリア内で斎藤選手がファールをしました。

このプレーに対し審判はVAR判定をなしにPK判定をしました。

確かに買収を疑われてもおかしくない試合内容ですね。

 

この時の審判はMuhammad Taqi Aljaafari Bin Jahari(ムハンマド タキー アルジャアファリー・ビン・ジャハリ)というシンガポール出身のサッカー審判員でした。

この審判昔もこのような疑惑の判定をしていたようです。

スポンサーリンク

ネット上の反応

ネット上の反応をまとめてみました。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

カタール戦の審判についてお伝えしてきました。

これには日本のサッカーファンも激怒する内容だったともいます。

VARがあっても審判が買収されているかもしれないような判定をするならあまり意味がないですよね。

今後このような疑惑の判定がないようにしてほしいですけどね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です