箕輪厚介はどんな本を出版してるの?ホリエモンがほめる理由は?

皆さんこんにちは!

最近はSNSで話題になる人などいろいろな方がテレビなどにも出演したりしてますよね。

そんな中今回気になる人がいたので紹介していきたいと思います。

武井壮さんや倉田真由美さん、勝間和代さんが出演している「バラいろダンディ」という番組を皆さんご存知ですか?

「宇宙一受けたい授業」をやっている「バラいろダンディ」です。

あまりピンと来ていない方もいるかもしれませんが、「箕輪厚介」さんという方が出演していたのでその方についてお伝えしていこうと思います。

それではごゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

箕輪厚介 の経歴について

箕輪 厚介(みのわ こうすけ、1985年 8月28日– )は、日本編集者実業家。株式会社幻冬舎所属

引用:Wikipedia

箕輪厚介さんは編集者として現在活躍されています。

青木真也さんの「空気を読んではいけない」

堀江貴文さんの「多動力」を手がけた編集者です。

ちなみにホリエモンさんのベストセラー「多動力」はホリエモンさん自身は一文字も書いていないようで箕輪さんが手掛けたようです。

編集一つでここまで結果を出せるってすごいですよね。

 

そんな箕輪厚介さんは早稲田大学第一文学部を卒業していて卒業後に入社する予定の会社が倒産してしまって、双葉社に入社という経歴を持っています。

その後広告営業仕事を担当し、実業家として知られている与沢翼さんとも仕事をしていたこともあり、ビジネスマガジンの「ネオヒルズ・ジャパン」の出版に携わりました。

ネオヒルズ・ジャパンは発売してからすぐに完売になり話題になりましたね。

また、「今最もヒットを生み出す編集者」とも言われるほどの才能の持ち主で、ホリエモンだけでなくブロガーのイケダハヤトなどにも一目置かれる存在になっています。

 

サンデージャポンにも出演した際、自分で「今売れてる本は大体僕が作っている」と発言していましたね。

さすがです!

スポンサーリンク

箕輪厚介の出版した本は?

数々の本を手掛けてきた箕輪厚介さんですが、2018年8月に自信の自叙伝である「死ぬこと以外かすり傷」を出版しました。

なんだかタイトルから引き付けられますよね。

 

今すごい売れてる 本みたいです!

なぜホリエモンがほめるのか?

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

今回箕輪厚介さんについて書いてきましたが、バラいろダンディで新情報があったら随時更新していきます。

それでは記事を振り返ります。

・箕輪厚介さんの経歴

・箕輪厚介さんの本

についてお伝えしてきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です