黒い服が熱を吸収しやすいのはなぜ?紫外線と熱中症防止の服の色は?

皆さんこんにちは!

夏には黒を見るだけでも自然と暑く感じますよね。

最近出かけるときに、全然夏服を持ってないなと気づき、時間があったら買いに行こうと思ってます。

tシャツだとよれよれになったりするので夏服ってあまり良いイメージがないです。

ただ安い服を買っているのでそうなっているのですが…(笑)

夏服を買うときに暑いから色によって暑くなる色とならない色があるけど買うなら熱くならない色のほうがいいと思いました。

なので、この記事では暑い日に黒い服着るとなぜ熱を吸収するのか他の色はどうなのか疑問に思ったので調べてみました。

では、ごゆっくりご覧になってください。

スポンサーリンク

なぜ黒は熱を吸収するのか?

まず、光が当たると温度が上がるのは光からエネルギーをもらうので、結果的に温度が上がります。

物に色がついて見えるのは可視光線(目に見える光)があるからです。

例えば赤のものは赤を反射して他の色を吸収します。

ほかの色も青だったら青を反射して他の色を吸収します。

しかし、黒の場合ほとんどの色の光を吸収するので、光のエネルギーを多く吸収するため温度が一番高くなります。

素材などの影響もあるようですが、色の中で黒が熱くなる理由は光エネルギーが関係していたからなんですね。

紫外線は?

比較的黒は熱を吸収しやすいですが、紫外線をほぼ通さないとされています。

また、赤や青も紫外線は通さないとされています。

しかし、黒とか濃い色だとなんだか見てるだけでも熱いと思う人がいると思うので、黒や赤、青に次いで紫外線を通さないのが、黄色とされています。

黄色だと夏っぽくて着やすいですね。

白は黒や赤などより紫外線対策はできませんが、日傘と組み合わせたりすると紫外線を気にすることなく涼しく過ごすことができると思います。

生地が透けている服は紫外線対策にはならないので、紫外線対策には厚手のものがいいでしょう。

スポンサーリンク

熱を吸収しにくい色は?

熱を吸収しにくい色はやはり白ですね。

光は透明だと透過するのでほとんど吸収しないことから、やはり明るい色や薄い色が熱を吸収しにくい色みたいですね。

暑い日が続くと靴の臭いが気になる方もいると思うのでおすすめの消臭グッズを紹介しています!

よかったらこちらのリンクからどうぞ!

消臭グッズおすすめの商品を紹介!スポーツや通勤に最適なアイテム!

まとめ

この記事を書いて気付いたことは、濃い色だと熱は吸収しやすいが、紫外線はほぼ通さないことがわかりました。

白などの薄い色は熱は吸収しにくいが、紫外線は黒などよりは通しやすいみたいです。

また色について調べていた時にあったのが、赤色は日焼け防止の効果もあるそうです。

色によって熱をとるか、紫外線をとるかわかれてしまいますが、生地にもよると思うので涼しいく過ごしてください。

帽子が熱を吸収しやすい色だと熱中症の原因になったりするかもしれないので、選ぶとき気を付けたほうがいいかもしれませんね。

また、日傘を選ぶ時などでも紫外線を通さない色のところを参考にして選んだりすることをお勧めします。

最後まで見て頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です