コロナの現金給付の富裕層の基準はいくら以上?昨年の年収で制限?

皆さんこんにちは!

今回の記事では新型コロナウイルスにより

政府が緊急経済対策で検討している

現金給付金についてお伝えしていきます。

 

現在、現金給付金を検討している政府ですが

ここにきて富裕層は現金給付の対象から

外すべきとして現金の一律給付は見送り

という状態になっています。

これを受け皆さんはいくらから富裕層に

枠組みされるのか富裕層の基準が気になると

思うので、お伝えしていきます。

それではごゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

コロナの現金給付の富裕層の基準はいくら以上?

新型コロナウイルスの緊急経済対策として

現金給付から対象外となる富裕層の

基準はいくらからなのかについて

お伝えしていきます。

 

現在のところ年収いくら以上が

富裕層と判断するのか具体的な

基準は決められていません。

 

世間的にいくらから富裕層となるのか

調べてみました。

日本国内だと資産1億円以上ある方を

富裕層と呼ぶことが多いのです。

 

年収○○以上が富裕層というわけでは

ないようですね。

 

政府が富裕層の基準を

発表次第お伝えします。

 

しかし、富裕層と言っても

今まで税金など多く払っていたのに

給付金を対象外にする政府には

反感を買いそうですね。

 

これを機に新型コロナウイルスが

治まったら海外に住む富裕層が

増えそうですね。

スポンサーリンク

世間の反応は?

世間の反応をお伝えしていきます。

やはり昨年の年収で判断するのか

どうか気になっている方が多いよう

 

また、富裕層と言っても今回の

新型コロナウイルスの影響を

受けている富裕層もいるわけなので

その線引きもどうなるのか

気になるところです。

 

所得に応じて納税も高くなっているので

平等に同額で給付するべきとの

声もやはり多いですね。

また、この線引きをするのに

時間がかかります。

全然緊急対策になりませんよね…

 

迅速な対応をして頂きたいです。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

新型コロナウイルスの緊急対策給付金について

お伝えしてきました。

富裕層の基準が決まり次第

お伝えしていきます。

そういった線引きをせずに

すぐに対応してほしかったなと思います。

時間がかかるほど情勢も変わってくるので

早めの対応をしてほしいです

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です