新型コロナ対策の給付金はいつから?申請方法や金額はいくら?

皆さんこんにちは!

今回の記事では新型コロナウイルスの

影響拡大により政府が現金給付金を

配布する緊急対策を検討している

ことがわかりました。

今回の記事では新型コロナウイルスの

対策として給付されるのはいつからなのか?

また、申請方法や給付金はいくら配布されるのか?

等についてお伝えしていきます。

それではごゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス対策の給付金はいつから?

新型コロナウイルス対策の給付金はいつから

配布されるのかについてお伝えしていきます。

 

現在、政府与党が国民に対して現金給付を

検討していることがわかりました。

 

現在はまだ検討段階でいつから

給付金を配布するかはわかりませんでしたが、

リーマンショック時も給付金を配布して

いたことから4月ごろには給付金の配布

が始まるのではないでしょうか?

 

情報が入り次第お伝え致します。

新型コロナウイルス対策の給付金の申請方法は?

新型コロナウイルス対策の給付金の申請方法に

ついてお伝えしていきます。

 

現在のところまだ新型コロナウイルス対策の

給付金の申請方法はわからなかったので、

リーマンショック時の給付金の申請方法に

ついて調べてみました。

申請から給付までの手続き

定額給付金の給付を受ける(受給する)には、
下記の様な手続きとなるが、詳細は市区町村に
よっては異なる場合もありうる。

・各市区町村から申請すべき者(世帯主/外国人個人)宛に
「申請書」が送付される。

・申請者が「申請書」に所定事項を記入する。
世帯主(または代理申請者)は世帯構成者分をまとめて申請。

・申請者が「申請書」を提出し受給する。
次の三通りの方法がある。

1.返送→振込…送り先が当該市区町村であることを確認し、
本人確認書類を同封して、市区町村に送る(参照:#詐欺・詐取の警戒)。

申請書に記した銀行口座への現金振込により、受給する。

2.窓口提出→振込…申請書を当該市区町村の窓口に直接提出し、

申請書に記した銀行口座への現金振込により、受給する。

3.窓口提出→手渡し…申請書を当該市区町村の窓口に直接提出し、

現金を手渡されて受給する。振込先銀行口座を持たない者は、

この方式となる。(wikiより引用)

引用:Wikipedia

 

今回もこのように申請する可能性が高そうですね。

今回の新型コロナ対策の給付金申請方法がわかり次第

追記していきます。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス対策の給付金はいくら?

新型コロナウイルス対策の給付金はいくらなのか

についてお伝えしていきます。

 

現在のところ給付金について検討段階ですが、

2008年のリーマンショックの時は

1人あたり12,000円の給付措置がありました。

 

今回の給付額について政府高官は

「リーマンショックの水準を超える規模が必要」と

言っており、12,000円以上の給付額を検討している

という情報がありました。

 

給付の対象者としては子育て世帯や所得の低い人に

限る検討もされているようです。

こちらも情報が入り次第お伝えします。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

新型コロナウイルス対策の給付金について

お伝えしてきました。

まだ検討段階なので、具体的には

決まっていませんが、迅速な処置がとられる

と思いますので、すぐに決まると思います。

情報が入り次第こちらの記事でお伝えします。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です