久田吉之助の経歴や病気は?子孫や妻は誰なのか調査!

皆さんこんにちは!

今回の記事では久田吉之助さんについて

お伝えしていきます。

NHKでスペシャルドラマ「黄色い煉瓦~

フランク・ロイドをだました男~」

が放送されました。

 

そこで実在した久田吉之助という男について

語られたドラマでしたね。

今回の記事でも久田吉之助という人物の

経歴や病気、奥さんなどについてお伝えして

いきたいと思います。

それではごゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

久田吉之助の経歴

久田吉之助さんの経歴についてお伝えしていきます。

1877年7月24日に愛知県知多郡西浦町(現在は常滑市)の

海運業者の家に生まれました。

 

建築陶材の製造を志して、自宅の庭に小窯を製造して

建築資材の改良を研究していました。

 

久田吉之助さんは京都帝国大学(京都大学)

に工学部建築学科を創設しました。

そして「関西建築界の父」と呼ばれる建築家の武田五一と出会い

その指導の下、タイル・西洋瓦・テラコッタの製造を進めていました。

 

久田吉之助さんが建築陶材を納品した建物は

 

・名和記念昆虫館

・京都府記念図書館

・長楽館

・京都商品陳列所

・名古屋医科大学校

 

久田吉之助さんは1918年11月に病没しました。

41歳の若さでした。

スポンサーリンク

久田吉之助の病気は?

久田吉之助さんの病気についてお伝えしていきます。

久田吉之助さんの病気について調べてみましたが、

糖尿病を患っていたという情報がありました。

糖尿病が原因で、1906年に右腕を切断したという情報もあります。

 

また、右腕に関しては父親に切断されたという説もありますが、

糖尿病で失ったという情報の方が信ぴょう性がありますが、

どうなのでしょうか?

スペシャルドラマでもそこまで詳しく右腕について語られていないので、

わかりませんでした。

 

死因についても調べてみましたが、病没としか情報がなく

糖尿病により合併症を引き起こし、死に至った可能性があります。

久田吉之助の家族は?

久田吉之助さんの家族構成について調べてみました。

久田吉之助さんの奥さんや子供について調べてみましたが、

情報がありませんでした。

ドラマの中でも奥さんや子供が出てきていないので、

生涯独り身だった可能性が高いですね。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

久田吉之助さんについてお伝えしてきました。

昔の人物でしたので、あまり久田吉之助さんの周辺情報は

少なかったですが、スペシャルドラマになるほど

日本の建築物に貢献した方ですので、

ぜひ久田吉之助さんの手掛けた建築物を見たいですね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です