熱中症対策に牛乳や麦茶は効果的?運動後の適量はどのくらい?

皆さんこんにちは!

この記事では熱中症について書いていきたいと思います。

ニュースで熱中症と聞くとお子さんの体調管理が気になりますよね。

子供はよく外にいると思いますが、子供にとっての体感温度と大人の体感温度は全然違ってきます。

なので、よりお子さんには気を使ってあげないといけません。

ここで紹介していきたいのは、牛乳と麦茶についてです。

まず牛乳について書いていきたいと思いますが、牛乳といえば育ち盛りお子さんがよく飲むと思うのですが、熱中症対策に最適な飲み物だという情報が最近増えてきました。

それがなぜなのか調べてみました。

スポンサーリンク

熱中症対策に牛乳は効果的!?

 

熱中症対策と言えば水分と塩分が必要と思われますが、牛乳と聞くと塩分は言ってないじゃんとなりますよね。

そんな牛乳がどのように熱中症対策に貢献しているかというと、牛乳のたんぱく質に秘密がありました。

牛乳のたんぱく質には血液を増やしてくれる機能があります。

血液量が増えることで熱の放出や汗をかきやすくなり、体温を下げてくれる機能があるみたいですね。

 

牛乳は背を伸ばすために子供の頃よく飲んでいた方も多いのではないでしょうか?そんな効果があるってなにも知らずに飲んできたので知らぬうちに予防してたんですね。(笑)

中には牛乳が嫌いなお子さんもいると思うので、ここで麦茶についても書いていきます。

熱中症対策に麦茶は効果的!?

 

夏になると麦茶という印象が強いと思いますが、果たして麦茶は熱中症対策になるのか気になりますよね。

麦茶にはミネラルが含まれていて血液がサラサラになったり体の熱を冷ます効果もあるみたいです。

しかし、汗によって塩分も失うことから塩分も欲しくなりますよね。

そこでおすすめされているのが

「塩麦茶」です。

 

コップ一杯の麦茶に塩を一つまみ程度入れると完成です!

あまり入れすぎてしまうと飲めなくなってしまうので、気を付けてください。

スポーツドリンクでは糖分の取りすぎになってしまったり、のどが渇きやすくなってしまうので、塩麦茶はとても健康的にもいい飲み物だと思います。

スポンサーリンク

運動後の適量はどのくらい??

こまめな水分補給も必要だと思いますが、実際に運動後はどのくらい飲むといいのか疑問に思う方もいると思います。

実際に運動の前後に体重を図ることで、失った水分がどの程度のものなのか把握することで、適量な水分量もわかると思うので実践してみてください。

また、運動後すぐにお風呂に入るというのも体に熱がこもっている状態だと危ないので注意してください。

こちらの記事も良かったらご覧になってください。

黒い服が熱を吸収しやすいのはなぜ?

まとめ

ここでは牛乳と麦茶の効果について書いてきたのですが、熱中症にならないためにはクーラーのかかった部屋にずっといるよりも外で少しでも遊んだりすることで体の慣れに繋がり夏にキャンプとか海に行くのにも暑さはつきものなので、普段から家にこもらず外に出て遊ばせることも重要になってくると思います。

こちらの記事も良かったらご覧になってください。

黒い服が熱を吸収しやすいのはなぜ?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です