ワンピースサンジの影響でドレークとホーキンスが同盟入り?ジェルマ66は北の海の憧れ!

皆さんこんにちは!

今回の記事ではサンジの影響でノースブルー出身の海賊がルフィとローの同盟に入るのか考察していきたいと思います。

936話でサンジがレイドスーツを着てさっそくナミやロビンの入る温泉に覗きに入りましたよね(笑)

ワノ国に入ってジェルマの科学を存分に使っていますよね。

そんなサンジですが、レイドスーツを着てステルスブラックになっている姿をドレークやホーキンスに見られました。

ノースブルー出身にとってジェルマ66は憧れみたいですね。

今回はそんなジェルマ66の影響でノースブルー出身のドレークやホーキンスがルフィとローの同盟に加入するのか考察していきたいと思います。

それではごゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

ジェルマ66は北の海の憧れ!

まずジェルマ66についてお伝えしていきたいと思います。

最初にカポネ・”ギャング”・ベッジの幹部であるヴィトを皆さんご存知だと思いますが、ジェルマ66をすごい崇めていましたよね。

ヴィトは北の海の出身者とはわかりませんでしたが、北の海の出身ではないかと思います。

ジェルマ66は世界経済新聞の絵物語「海の戦士ソラ」に敵役として登場していて、世間的には空想上の世界での悪の軍隊と世間は認識していますよね。

ヴィトのように海賊の中にジェルマ66を崇拝しているキャラも少なくないはずです。

ローも実際にジェルマの存在を知っていて「北の海の常識だ!」とまで言いました。

しかし、ローは「俺は正当な読者」「ジェルマが嫌いだった」といっているため、「海の戦士ソラ」を応援していたことがわかりますね。

ということは、ヴィトは正当な読者のほうではなかったんですね。

キャラデザインから悪役って感じですからね(笑)

スポンサーリンク

ドレークとホーキンスも北の海の出身

ドレークとホーキンスも北の海出身ですがサンジの「ステルスブラック」の姿を見た反応を見てみましょう。

少し見にくいですが、2人とも北の海出身ということで驚いていますよね。

やはり北の海では常識のようです。

これが麦わらの一味のサンジだとわかればどのような反応になるのか楽しみですよね!

麦わら同盟にドレークとホーキンスも加入!?

それではドレークとホーキンスが麦わら同盟に加入するのか考察していきたいと思います。

私が思ったのはもし、ドレークとホーキンスがヴィトのように正当な読者ではなくジェルマ派の人間だったら当然憧れはあると思います。

ホーキンスやドレークもジェルマ派の人間だったらサンジの手助けなど快諾してくれる可能性もありますよね!

その結果、ジェルマ66との共闘もあるかもしれません!

結構こじつけ感がすごいですが(笑)

ジェルマ66への憧れを取るのかカイドウの恐怖を取るのか見物ですね!

私的には絶対にカイドウを敵にしたくはないですが(笑)

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

ホーキンスやドレークも麦わらの同盟に加入するのか考察してきましたがいかがでしたでしょうか?

もしジェルマ66に憧れがあるならサンジの言葉に耳を傾ける可能性もあるのかなと思い考察してきました。

ホーキンスやドレークも仲間になれば心強いですし、内情もよく知っていると思うので結構な戦力だと思います。

今後の展開が楽しみですね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です